ジャパンワイルドライフセンター|JWC official web site

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター(JWC)は野生動物の保護を目的として設立された野生動物保護団体です。

ホーム> 動物・環境ニュース

動物・環境ニュース

2018/10/16
パーム油:オランウータンを保護する努力は失敗に…(インドネシア)
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

Palm oil;pledges to protect orang-utans have failedーthe industry needs to act
(パーム油;オランウータンを保護する努力は失敗に…その産業界は実践が必要)

 インドネシアに属するボルネオ島の明け方、あるパーム油生産農場の労働者達が、ビーンと呼ばれる20歳のオランウータンの死体を人工水路から引っ張り出していました。後に、労働者たちが近くの国立公園の調査職員を呼び入れた時に、マイクロチップから、ビーンは住んでいた森林からおいやられ、パーム油農場で銃で撃たれそして繰り返しナイフで刺されていたことが判明しました。

 インドネシアではオランウータンを保護する試みが進められています。しかしながら、2018年のある生物学雑誌の調査によると、1999年から2015年の期間で10万頭のボルネオ産のオランウータンは消滅し、その頭数は全頭数の半分以上にのぼります。
 生息地の消失(例えば、伐採による森林破壊やパーム油などのプランテーションなど)は、最も重大な減少要因となっています。
 行き場のないオランウータンたちは、新しい住処を探して、農場主によって殺される危険を冒してもパーム油生産農場へと侵入していくのかもしれません。農場は、いかなる時も自分たちを正当化し、一方、オランウータンはいつもその犠牲になっているということです。農場主は、すべての野生動物を保護しようと努力していると公言するにもかかわらず、ビーンの死が起きてしまったことにどう言い訳をするのでしょうか?

 この伐採と密漁の結果として、世界自然保護連合は、193種の生き物がパーム油による脅威に晒されており、オランウータンは、その中でも、かなり深刻な被害を被っていると警告しています。

 パーム油の需要は年々増している状況の中で、ある運動家たちは、森林破壊の産物であるパーム油の生産を止めるように世界的に有名な会社に抗議しています。現在、447会社がその供給チェーンでの森林破壊を止めることを公的にコメントしました。ネスレ、ユニリーバ、パルモリーブ、ペプシそしてP&Gは2020年の最終期限までに森林破壊を止めることに同意しています。

 しかしながら、NGOによると彼らたちの努力も全く意味をなしていないということです。また、2018年のグリーンピースの報告によると、家庭用衛生製品で有名なブランドのどの会社も、パーム油の生産供給元が森林破壊に関与していないかどうかを把握することができなかったということです。

 グリーンピースの森林保全担当のRichard George氏は、パーム油の大部分はどのパーム油精製工場由来か、ブランド会社は突き留めることができると言っていますが、問題なのは、その前段階にあるパーム油生産供給者がその生産過程で森林破壊に関与しているかは分からないとのことです。

 過去にインドネシアで、NGOと自然保護団体によって、大型パーム油生産元が森林破壊に関与しているということで摘発されました。今年になって、Wilmarという世界的に有名な大型パーム油貿易業者が、森林破壊の終結を確約して5年経た現在、パリ市内の2倍の広さに当たる森林破壊に関与していたことがわかりました。この産業界を改革するために、グリーンピースをはじめとする運動家たちが、大手のブランド会社に対して、供給チェーンの見直しを訴えています。

 Richard George氏は、パーム油の出所がわからない限り森林破壊は続いて行くことであろう。そして、ブランド会社は一貫した方法で、パーム油生産の責任を取ることを今始めなければならない、NGOからの警告を待ってから行動するのではなく。と述べています。

 世界に僅かに残されたオランウータンの運命は、天秤にかけられている状況にあり、またビーンのような結末が繰り返されるであろう。

イギリス在住翻訳ボランティア 折原美子
追補 JWCスタッフ



RSS Feed Widget

のづた動物病院
ページのトップへ戻る

- Topics Board -