ジャパンワイルドライフセンター|JWC official web site

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター(JWC)は野生動物の保護を目的として設立された野生動物保護団体です。

ホーム> 動物・環境ニュース

動物・環境ニュース

2017/01/19
新種のスターウォーズ テナガザル
イギリス在住のボランティアさんより新種のサルが発見されたニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

中国の中山大学のFan PengーFei氏を中心とする研究チームは、中国南西の熱帯雨林に生息するテナガザルを新しい種だと結論づけました。

そのテナガザルは、Skywalker hoolock gibbon(スカイウォーカー・フーロックテナガザル)と命名されました。その名の由来は、学名の漢字が”天の動き”を意味するからですが、また一方でその研究者たちがスターウォーズファンだったからとも報じられています。

Hoolock gibbon(フーロックテナガザル)は、バングラディシュ、インド、中国そしてミャンマーに生息し、樹上生活で、枝にぶら下がりながら、地上に降りることはめったにないそうです。白い眉毛と所々白いひげが特徴です。しかしながら、その研究チームが調査しているフーロックテナガザルの模様が他のフーロックテナガザルと異なっており、遺伝学的そして体型学的な比較研究を進めていくうちに、新種であると確信したそうです。

 
この研究チームのメンバーであるロンドン動物学会Dr.Sam Turvey氏は、その結論の過程には、チームの並々ならない努力があり、簡単ではなかったと述べています。例えば、彼らを追い求めて、2,500メートル級の山に入り、朝早く起床して、彼らの獲物を探す鳴き声を聞き分け、その鳴き声を目指して、泥の中や霧の中を何百メートルも疾走しなければならなかったそうです。

このスカイウォーカー・フーロックテナガザルの生息数は、中国におよそ200頭、ミャンマーに何頭かは生息していると言われますが、実際のところ、その生息数は不明とのことです。

また、僅かな生息数と彼らの生息地の破壊などの脅威を考えて、絶滅危機種として位置付けるべきであると、Dr.Turvey氏は主張しています。

 最後になりますが、Luke Skywalkerを演じた俳優のMark Hamillは、このニュースを受けて、新しいジャングルジェダイの存在をとても誇りに思いますと述べていました。



RSS Feed Widget

のづた動物病院
ページのトップへ戻る

- Topics Board -