ジャパンワイルドライフセンター|JWC official web site

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター(JWC)は野生動物の保護を目的として設立された野生動物保護団体です。

ホーム> 動物・環境ニュース

動物・環境ニュース

2017/04/26
絶滅に瀕するフクロモモンガダマシ保全のために 木材の切り出しの一時停止を保護活動家らが要請
このままだとあと40年で絶滅してしまうという、フクロモモンガダマシが住むオーストラリア・ビクトリア州の森林で行われている木材の切り出しを、一時停止するよう動物保護活動家らがビクトリア州政府に対し要請しました。

ビクトリア州政府によると、現在フクロモモンガダマシの生息地になっているセイヨウトネリコの森のうち62,600ヘクタールは木材の切り出しをしても良いことになっており、今後30年であと24,000ヘクタールもの場所が許可される事になっています。
木材の切り出しを行っているビクフォレスト社は2017年に伐採する予定の25%は減らすと話しているものの、専門家によるとこれではフクロモモンガダマシの数の減少を食い止める事はできないとし、この絶滅危惧種を守るためにビクトリア州に残る100,000ヘクタールの森での木材の切り出しを一時停止するよう政府に呼び掛けています。
最近のリサーチでは、フクロモモンガダマシのために必要な生息地は中央ビクトリアに位置するセイヨウトネリコの森約171,345ヘクタールとなっていますが、そのうち101,400ヘクタールがすでに木材の切り出しが許可されている場所になっています。
この提案ではフクロモモンガダマシが生息する場所で、その生活を侵害するような活動、生息地にダメージを与えたり、破壊するような商業活動は禁止する内容になっています。またフクロモモンガダマシが見かけられた場所から1km圏内を緩衝地帯に指定しています。これは今までの200mから拡張した内容になっています。さらに全てのうろのある木の周り200m圏内も緩衝地帯にするよう提案しています。
この提案が通った場合、ビクフォレスト社は490,000ヘクタールのうち4分の1の伐採エリアをなくすことになり、すでに追いつかない木材の切り出しの目標に到底達する事ができない事になります。妥協案として個別に伐採の案件毎に政府の環境・土地・水、計画部に許可を申請し、許可が下りたものは木材の切り出しを行う事ができるというものが出されています。
絶滅に瀕するフクロモモンガダマシを守っていくためにビクトリア政府が最善をつくすよう願っています。
2017/04/21
違法な野生動物取引で世界遺産登録地の半分が脅かされる
大切な自然が残っているとして世界遺産地として登録された場所が、違法な野生生物取引によって脅かされている事がわかりました。

違法な密猟、伐採、漁獲や希少な種の取引によって世界遺産地となっている場所の45%もが問題を抱えている事がWWFの報告で分かりました。

タンザニアのセレンゲティからエクアドルのガラパゴス諸島までもが脅かされており、損失は20兆円にも上ります。

世界遺産地でのゾウ、サイ、トラの密猟は43か所、ローズウッドや黒檀などの高価な植物の違法な伐採は23か所での報告があります。また世界遺産に登録されている39の海洋や海岸のうち18か所で違法な漁獲が報告されています。

国際法によって守られているユキヒョウやセンザンコウも大きな問題となっており、アフリカ、アジア、ラテンアメリカにおける世界遺産のうち50%もが被害を受けています。

世界に生息するトラの1/3が世界遺産に住んでおり、ゾウの40%、絶滅危惧IA類のジャワサイなどもそうです。

また伐採による種の減少は世界遺産の地域での観光業などで働く人々にも影響を及ぼします。この破壊的な取引がなくなるよう来年2018年にロンドンでは野生生物の違法取引に関する会議が開催される予定になっています。
2017/04/14
グレートバリアリーフ;2/3のサンゴ礁の予想外の白化現象
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

グレートバリアリーフはオーストラリア北東部に広がる世界最大のサンゴ礁地帯(約2,600km)であり、1981年に世界遺産の一つに登録されています。
そのサンゴ礁の2/3(距離にして約1500km)が2年続いて白化現象の被害を被っていると、航空調査からわかりました。

サンゴは褐虫藻と言われる藻類と共生して、その藻を消化して排出しながら生きています。そして、多種多様な生物が共存し合いながら
サンゴ礁の生態系を形成しています。しかしながら、海水温の上昇によるストレスによって、その共生している藻が弱り、サンゴはその藻を消化排出し、
共生する藻を消失してしまうことからサンゴの白化が起こります。その白化が進むとサンゴは死亡していまい、サンゴ礁の生態系に多大なマイナス面を
引き起こします。

James Cook 大学のTerry Hughes氏は、アーストラリア政府は、さらなる白化を防ぐために、緊急に地球温暖化について検討すべきと主張しています。
そして、一刻も早く、私たちは、世界的な温室効果ガスを減らし、そして化学燃料から再生可能エネルギーへの移行へと行動を起こさなければと。。

研究者のJames Kerry氏は、サンゴの白化は前例がないことであり、もしも、さらに地球温暖化が進めばサンゴ礁は全滅してしまうと警告しています。

(BBCニュースより)

2017/03/17
ウェンズリディールのハイイロリス対策
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

ハイイロリスは、1876年に北アメリカからイギリスに導入されたのが始まりですが、その生息数の増加と生息地域の拡大によって、本来イギリスに生息しているアカリスの生息に深刻な影響をもたらしています。

これらの背景を踏まえて、今回、ヨークシャー北部のウェンズリディール地域で、ハイイロリスの生息数をコントロールするための避妊計画が始まりました。

The Animal and Plant Health Agency(APHA)という国の機関である動植物衛生局が主体となって、今後5年間のハイイロリスの避妊計画と主導となる枠組み(ライセンス)を確立することを目指しています。その計画では、現在のハイイロリスの生息数350万匹から約90%を減らし、30万匹まで生息数を減少させる予定です。

その内容は、GonaConという経口避妊薬を、イギリスの子供達がよくパンに塗るヘーゼルナッツの入ったチョコレートクリームと混ぜ、ハイイロリスのエサに練り込むという作業で、そのチョコレートクリームはハイイロリスが、かなりお気に入りとういうことが実証済みとのことです。

手順としては、ハイイロリスの住む樹木に特別な餌箱を取り付けます。その餌箱のドアは、ある程度以上の重さの動物しか開かないような仕組みになっており、ネズミなどの小さい動物は体重が軽いので、そのドアを開けることはできないようになっているそうです。そして、最後に避妊薬を混ぜたエサを餌箱に入れます。

APHAは、この5年間の避妊計画とライセンス化に約100万ポンド(1億5000万円)を必要としており、今のところ、国から約4万ポンド(600万円)と、The Squirrel Accordという団体から10万ポンド(1,500万円)が支援されています。今後、種々の団体や企業からの援助が多大に必要になると予想されます。

2017/03/17
500万ドルのサイの角押収(タイ)
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

タイのバンコク国際空港で、エチオピアからの便の荷物から21本のサイの角が押収されました。

金額にすると、500万ドル(約5億6000万円)とのことです。

ベトナムとカンボジアを旅行した2人のタイ人の女性が、この荷物を受け取りに来ましたが、空港での荷物の無作為抽出による検査をする際に逃亡していったそうです。

タイは、野生動物の密輸の中継地点として悪評高いところと言われています。この複雑なそして緻密な密輸には、他にも数人以上のタイ国内外の人物が関与しています。

ある野生動物保護団体は、今回の押収に高い功績をたたえながらも、バンコク国際空港は、タイの反密猟の取り組みが改善しているのにもかかわらず、アジアにおける密輸の主要な拠点になってしまっていると述べました。

2017/03/13
シロサイの角、密猟される(パリの動物園)
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

3月6日夜、フランス・パリ郊外のThoiry Soo(トワリー動物園)に密猟者が侵入し、3頭のシロサイのうち1頭を銃殺した上に、角を切断し逃亡したという事件が起こりました。

ヨーロッパ動物園水族館協会(Eaza)曰く、ヨーロッパの動物園でこのような犯罪は初めてであると驚きを隠せないようです。

この犯罪は、密猟者のターゲットにされるであろうヨーロッパの動物園に警告を発しているようです。

彼らは、密売マーケットに35,000ポンド(500万円)前後でその角を販売し、角は最終的に中国あるいはベトナムに渡っていくものと思われます。中国やベトナムでは、サイの角は、媚薬として評判高く、癌などの治療にも使用されるとのことです。

EazaのWilliams-Mitchell氏は、イギリス国内の動物園そしてサファリパークで飼育されている111頭のサイの安全性の強化を呼びかけており、ヨーロッパの動物園は、しばらくの間この脅威に悩まされるであろう。しかしながら、銃を持った密猟者が侵入したところで、何の手立てもないのが現状で、24時間体制の警備員を配置したところで、かなりの費用がかかるため、まったく現実的ではないと述べています。

トワリー動物園では、監視カメラと5人のスタッフが在勤していたのにもかかわらず、その密猟者は侵入し逃亡していった経緯があり、動物園側は、全く予想外の出来事でプロの仕業であると公言しています。

また一方で、サイの最も恐ろしい脅威はアフリカ及びアジアにおける密猟と生育環境の破壊であり、この10年間に6,000頭以上のアフリカに生息するサイが密猟されているという現状を理解して欲しいと動物保護団体は訴えています。

2017/02/06
赤ちゃんチンパンジーの密売
イギリス在住のボランティアさんより西アフリカでチンパンジーの密売組織が摘発されたニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

1年の年月をかけて、英国放送BBCの調査メンバーは、西アフリカ諸国(ギニア、リベリア、コートジボワール)を巡り、赤ちゃんチンパンジーの密売組織を明らかにしました。

その調査メンバーは、裕福な顧客のためのペット業者になりすまし、西アフリカのコートジボワールで中心的な密売業者と接触し、その取引交渉の隠し撮影に成功しました。その中で、その密売業者は、偽のCites書類の作成方法や、Cites書類なしでもチンパンジーをどこの国にも送れるとの旨を自慢げに述べており、彼の言う輸送方法とは、国際法であまり保護のかからない動物(例えば、インコ、ジャコウネコ、マングース)を移動する名目で、チンパンジーを隠して一緒に輸送するのだそうです。次に、調査グループは、青いモザイクタイルで囲まれた部屋に通され、小さな木箱に入っている赤ちゃんのチンパンジーを見つけました。長い間、密売業者が密売用に、青いタイルの部屋を背景に捕獲したチンパンジーのビデオ映像を流布していましたが、どこの国でどこの地域なのか今まで特定できませんでした。調査グループは、その青い部屋を目の当たりにして、小さなチンパンジーを救っただけでなく、魔の青い部屋を長年探していた野生動物保護グループにとっても決定的なターニングポイントになると感動したそうです。

その密売業者は外で待機していた警察官に逮捕され、密売の罪に科せられています。また、その青い部屋にいた赤ちゃんチンパンジーは地元の動物園に保護され、他の仲間達と新しい生活が始まりました。

  
1頭の生きた赤ちゃんチンパンジーの捕獲には、群れの殆どの大人のチンパンジーが銃殺されて、その銃殺された死体は、肉として販売されていくそうです。このように、卑劣な方法で家族と引き離されたチンパンジーの赤ちゃんは、巧みなルートで密猟者から密売業者にわたり、その密売業者が偽の輸出許可と輸送の手配をし、最終的に買い手である裕福な家庭のペットあるいは商業的な動物園へと渡るという仕組みになっています。彼らは、およそ$12,500(約140万円)、またはもっと高値で売買されます。

アラビア半島諸国やマレーシアなどの南東アジアそして中国でかなりの重要があり、買い手は高値で購入します。チンパンジーが小さい時は、ペットとして可愛がられるものの彼らはすぐに大きく強くなり、潜在的に凶暴性を帯びるようになると、家で飼うには手が負えないという結果をもたらします。スイスの野生動物保護団体のAmmann氏は、ペットになったチンパンジーは、大人になると、この先何十年も檻の中に閉じ込められたり、ペットとして飼いきれなくなったことを理由に安楽死を余儀なくされることを恐れています。

また、BBCのこの調査結果からCites事務総長のScanlon氏は、簡単にCites許可証が偽造できることに驚きは感じなかったが、ただ失望したと、またその許可システムは正当で信頼性はあるものの、特に西アフリカと中央アフリカ諸国において、許可証の乱用があるのは事実であると述べています。これらの状況を踏まえて、電子システム化した許可証を導入するように努力していきたいと強調しています。そして、密売が行われた国の政府は警告されるとともに、何らかの制裁を受けるべきであると公言しています。

付随して、インターポール(国際刑事警察機構)のHiggins氏は、野生動物全ての密売を阻止することが優先である。しかしながら、アフリカ諸国の政府は、ゾウやサイなどの最も重要視される絶滅危惧種に重点を置いている状況にあり、一部の地域、特に西アフリカ諸国においてはゾウやサイを含めた野生動物を優先することすらなく、ましてやチンパンジーなどの霊長類が重要視されるには程遠い現状である、と述べました。

2017/01/19
新種のスターウォーズ テナガザル
イギリス在住のボランティアさんより新種のサルが発見されたニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

中国の中山大学のFan PengーFei氏を中心とする研究チームは、中国南西の熱帯雨林に生息するテナガザルを新しい種だと結論づけました。

そのテナガザルは、Skywalker hoolock gibbon(スカイウォーカー・フーロックテナガザル)と命名されました。その名の由来は、学名の漢字が”天の動き”を意味するからですが、また一方でその研究者たちがスターウォーズファンだったからとも報じられています。

Hoolock gibbon(フーロックテナガザル)は、バングラディシュ、インド、中国そしてミャンマーに生息し、樹上生活で、枝にぶら下がりながら、地上に降りることはめったにないそうです。白い眉毛と所々白いひげが特徴です。しかしながら、その研究チームが調査しているフーロックテナガザルの模様が他のフーロックテナガザルと異なっており、遺伝学的そして体型学的な比較研究を進めていくうちに、新種であると確信したそうです。

 
この研究チームのメンバーであるロンドン動物学会Dr.Sam Turvey氏は、その結論の過程には、チームの並々ならない努力があり、簡単ではなかったと述べています。例えば、彼らを追い求めて、2,500メートル級の山に入り、朝早く起床して、彼らの獲物を探す鳴き声を聞き分け、その鳴き声を目指して、泥の中や霧の中を何百メートルも疾走しなければならなかったそうです。

このスカイウォーカー・フーロックテナガザルの生息数は、中国におよそ200頭、ミャンマーに何頭かは生息していると言われますが、実際のところ、その生息数は不明とのことです。

また、僅かな生息数と彼らの生息地の破壊などの脅威を考えて、絶滅危機種として位置付けるべきであると、Dr.Turvey氏は主張しています。

 最後になりますが、Luke Skywalkerを演じた俳優のMark Hamillは、このニュースを受けて、新しいジャングルジェダイの存在をとても誇りに思いますと述べていました。
2017/01/18
中国において2017年末までに象牙取引廃止
イギリス在住のボランティアさんより中国における象牙取引に関するニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

中国政府は2016年12月30日に、2017年末までに国内の全ての象牙取引を廃止するということを発表しました。

WWF(環境保護団体グループ)は、そのニュースを受けて、野生の象の未来にとって、歴史的かつ革新的だとたたえています。

中国政府のこの動きは、2016年10月に南アフリカで行われたCitesの決議により達成しました。

中国は世界で最も多くの象牙取引市場であり、世界市場のおよそ70%が2017年末までに閉鎖されると推測されています。中国において、象牙は1キロ$1,100(約130,000円)にまで値が達するとのことです。

中国政府の象牙取引廃止の詳細は、まず現在行われている象牙の取引を3月31日までに停止させ、2017年12月31日までに完全に市場廃止をするために登録されている全てのディーラーを段階的に除籍していく予定です。

中国の多大な象牙重要により、アフリカでは毎年20,000頭の象が密猟されており、この取引廃止はアフリカゾウの生息数にとっての重要なターニングポイントとなることでしょうと言われています。
2016/12/09
アカリスの再導入に向けて(イギリス)
イギリス在住のボランティアさんよりアカリスに関するニュースが届きましたのでご紹介します。

****************************************

アカリスは、イギリスで本来生息している野生動物であり、イギリス人から最も愛される野生動物の1つに挙げられます。しかしながら、この半世紀はアカリスが生き抜くにはとても厳しい状況に迫られています。その生息数は急激に減少をたどり、私たちの周りでは、見ることは皆無に等しいと言えます。

その背景には、1876年に北アメリカからハイイロリスを、目新しい庭先の生き物として導入したのが始まりです。彼らの生命力の強いことは言うまでもなく、イギリスの南西のはずれにあるコーンウォール(Cornwall)という地域では、1951年にハイイロリスが侵入し、その地域のアカリスを追いやり、30年後の1984年にはアカリスは姿を消したと言われています。

ハイイロリスは、リスポックスウィルスを保有しており、ハイイロリスには何の害もありませんが、アカリスには致命的であるとのことです。また、アカリスより体が大きく丈夫であり、食の嗜好性も幅広く、それゆえに生息地域を拡大して今に至っている訳です。樹液を舐める為に木の皮を剥がしたり、鳥の巣や雛を攻撃したりするなど、ハイイロリスによる被害が多々報告されています。このハイイロリスは、国際自然保護連合(IUCN)によって、世界の侵略的外来種ワースト100の1つに位置付けられ、イギリスでは、野生動物そして環境保全1981(Wildlife and Countryside Act 1981)のもとで、野生動物保護対象に該当されていません。

現在の統計によると、ハイイロリス250万匹、アカリス 14万 匹(過去に 350万匹生息)と推定されています。

 コーンウォールでは、アカリスの保護プロジェクトが2009年に立ち上げられ、2018年にコーンウォールの2地域でアカリスを野生に再導入する予定です。このプロジェクトコーディネーターのNatasha Collings氏は、アカリスの再導入の前に、その指定された2地域とその周辺の干渉ゾーンに生息するハイイロリスの完全な排除が必要と主張しています。現在、その再導入に先駆けて、リスポックスウィルスの有病率を確定するために、ハイイロリスの間引きプログラムが2014年から行われるとともに、ボランティアによるハイイロリスのサーベイランスの実施、そして、アカリスの飼育下繁殖が数カ所の施設で行われており、個々の健康管理に最善を尽くしています。

 最後に、Charles William氏(プロジェクト会長)が、もしこのプロジェクトが成功すれば、もっと多くの人がこの地域を訪れるとともに、アカリスが庭先ではしゃぎ回っている光景を誰もが楽しむことができることであろうと述べています。 また、その成功のチャンスは?との質問には、「大きな課題ですが、慎重かつ前向きに希望をもっている。」と公言しています。




RSS Feed Widget

のづた動物病院
ページのトップへ戻る

- Topics Board -