ジャパンワイルドライフセンター|JWC official web site

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター(JWC)は野生動物の保護を目的として設立された野生動物保護団体です。

ホーム> 動物・環境ニュース

動物・環境ニュース

2018/09/21
猫にマイクロチップを。さもなければ淘汰の危険あり!
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

”Chip your cat or risk it being culled to save New Zealand birds”THE TIMES

 ニュージーランドのオークランド市では、野生動物を保護するために、野生保護管理区域内でマイクロチップが付けられていない猫が捕獲された場合には淘汰されてしまう!という計画が進められています。

 オークランド市の動物愛護の人たちは、3月にその計画が実施されると、何千匹もの猫たちがその危険性に脅かされる事であろうと述べています。150万人が住むこの市には、生態的に重要な地域が5つありますが、その対象地域はその1箇所で、その地域に住んでいる猫が対象で、マイクロチップが付けられていない猫は、有害動物とみなされ、淘汰を免れないことになるとのことです。

 実際のところ、ニュージーランドでは、猫にマイクロチップを義務付けてはいないそうです。
 オークランド市としては、野生動物を保護するために、特に飛べない野生鳥、例えばキーウィの保護を呼びかけています。なぜなら、猫たちによって、これまでに少なくても9種類ものニュージーランドの原住鳥は、地域的なあるいは全国的な規模で絶滅への影響を被っているからです。
 市で働く人々は、熱狂的な動物愛護の人によって、死の脅迫を受けています。一方で、猫を愛玩する人達は、狼狽し、心配を隠せない様子です。
 
ニュージーランド猫ファウンデーションの会長のAnne Batley-Burton氏は、猫たちも、人間同様一切衆生(生きとし生けるもの)であり、彼らの生命を軽く受け取ってはならないと訴えています。
 
また、動物虐待防止協会は、この3月の最終期限 は、マイクロチップを強いられる飼い主には短すぎると断言しています。

イギリス在住翻訳ボランティア 折原美子
追補 JWCスタッフ
2018/09/14
伐採による生息域の破壊で2050年にはコアラの絶滅が懸念される!
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

Koalas 'to be extinct by 2050' as farmers destroy awathes of forest. "THE TIMES"

コアラは旅行者に愛され、世界的著名人に抱かれるやら、そして、写真でセルフィーポーズを決めたい芸能人に撫でられ、とても人気者です。
 しかしながら、長期間のコアラの生存展望に関する報告によると、その生存はあまり長くないだろうと...
この背景にあるのは、オーストラリア北部のニューサウスウェールズでのコアラの生息域の破壊によると言われています。
 動物愛護の人々は、もしこの状況が続けば、2050年までにコアラはオーストラリアから絶滅すると信じています。
 オーストラリア政府は、去年、原生林の法律を廃止しました。その原生林法とは、農場主が伐採を禁ずる法律で、
その土地の所有者はその法律は厳格すぎて、農家の生活を苦しめるだけだと主張してきました。
 その法律が廃止されてから、更地化された土地は、3倍にも及びました。自然保護協会は、12,000エーカーの森林が失われたと訴えています。
 自然保護生物学者のMartin Taylor氏は、もしこの更地化が現在の割合で続くと、コアラにとっての影響は非常に深刻なものになるだろうと。
 オーストラリアのWWFのStuart Blanch氏は、”ニューサウスウェールズでは、全滅の危機に向かっている。全ては、森林にかかっている。もし健康な森林であれば、野生動物たちの十分な水分供給として、地面まで伐採する必要はない。”と述べています。
 コアラが食べるユーカリの葉には、55%の水分が含まれていると言われています。
 ある統計によると、コアラの総頭数は100,000頭とも、あるいは40,000頭あまりとも言われています。
 ビクトリア女王時代(1819−1901)には、南オーストラリアの海岸沖にあるカンガルー島には、コアラの生息頭数が多大だったので、生息を維持するのに困難をきたしていました。
 しかしながら、今は、クイーンズランドとニューサウスウェールズの一部において、コアラは危急種として分類されおり、コアラの生息地域の消失、都市化の拡大そして、病気と、さらなる恐怖を彼らに投げかけています。
 ニューサウスウェールズ政府は、そのコアラの絶滅を主張している自然保護者たちを批判しながらも、その長期化したコアラの生息維持に2千万ポンド(60億円)の援助を公約しています。そして、国の最も愛されるシンボルになるようにと。
 しかしながら、観光産業に何十億ポンドをもたらすその動物にとっては、この金額は支払われるには少なすぎるかもしれません。

イギリス在住翻訳ボランティア 折原美子
追補 JWCスタッフ
2018/07/06
かつての楽園に帰ってきたアフリカ野生犬(リカオン)

イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

"Wild dogs are returned to lost Eden" The Times

 モザンビークでは、過去の内戦で、アフリカ野生犬(リカオン)が全滅にまで至った背景があり、今回、彼らを再び取り戻そうという試みで、モザンビークに、何頭かのリカオンを導入しました。
 その動きは、アメリカの慈善家のGregg Carr氏によって援助された45億円プロジェクトの一部で、彼は、アフリカの失われた楽園として知られるモザンビークにあるゴロゴーザ国立公園をかつての栄光へと再建したいと願っています。

 モザンビークはかつて、動物の宝庫でしたが、ポルトガルの植民地からの独立戦争が続き1975年に独立はしたものの、100万人もの市民は殺され、野生環境は消滅してしまったそうです。リカオンは絶滅し、キリンやゾウの生息頭数は9割まで減少しました。
 1992年のローマ和平協定以降でも、モザンビークは野生環境を保護するのに苦闘しています。残念ながら、2013年には、国で最後に残ったサイが密猟によって殺されました。
 自然保護関係者たちは、有名人を魅惑させていたあの1960年代、70年代の全盛期に、ゴロンゴーザ国立公園を復活させることに希望を抱いています。
 
 8頭のオスと6頭のメスが、南アフリカから飛行機で輸送されました。広大な国立公園に離す前に、環境に慣らさせる為に何日間か檻の中で飼育されました。
 このプロジェクトは、早い時点で良い成果が得られたというのは、1頭のメス犬は妊娠中のようで、出産場所を探していました。
 他の野生動物も戻ってきており、サイやワニたちが目撃されています。2016年の調査で約60頭のライオンが認められ、2、3年前と比べると2倍に生息頭数が増えています。最近の空撮調査では、500頭あまりのゾウが生息されていることがわかりました。

 特徴のある大きな耳を持つ黄褐色がかったリカオンの再導入は、しかしながら簡単なことではなく、その肉食動物たちが不安定な生態系を乱すかもしれないし、家畜を襲って農家(人間)と衝突するかもしれない危険性を持っているからです。
 
 ただ、実際のところ、リカオンはアフリカ大陸の最も絶滅危惧された肉食動物の中の1つに挙げられ、野生において5000頭にも満たない状況にあります。

イギリス在住翻訳ボランティア 折原美子
追補 JWCスタッフ
2018/05/30
アフリカゾウの母、永遠に
 ■訃報■

去る4月12日、JWCでご紹介している絵本『エレナとダフニ』、訳本『愛のアフリカゾウ~エレナ』の原作者でもあるダフニ・シェルドリック女史がこの世を去りました。


ダフニ女史はアフリカの団体、デビット・シェルドリック・ワイルドライフ・トラストで、主に密猟により親を失って保護された幼い動物たちを受け入れ、自立できるまで育て野生に返していく、という活動を行っており、先に亡くなった当団体の創設者 佐草一優も長きにわたり親交を頂いた中、著書の和訳も務めさせていただきました。

JWCでは、彼女の大いなる功績を讃え、謹んでご冥福をお祈りするとともに、その志を深く心に刻んでいきたいと思います。

※書籍をご希望の方はJWCまでお問い合わせください。

441-s-1.jpg441-s-2.jpg441-s-3.jpg

2018/04/27
オーストラリアへの航空輸送の提供はサイの将来の希望へと導く
イギリス在住のボランティアさんよりニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

”Airlift to Australia offers hope for rhinos" The Times

 絶滅危機にあるアフリカサイを救うための野心的な計画が進められ、およそ40の絶滅の危機にさらされた動物がその対象で、オーストラリアへと飛行機で輸送されるとのことです。
 ”Wild Africa"と呼ばれる新しい住処は、オーストラリアのアデレードから車で約1時間の場所にあります。
ここは’the Austarian Rhino Project”という動物の保護と繁殖を支援する団体が、サイが安心して生息できて、なおかつ繁殖がしやすいようにと、3年もの歳月をかけて120エーカーの敷地を南アフリカにある " the Kruger National Park “ を参考にして、サバンナ、密林地帯そして水辺地帯を作り上げました。
現在は寄付によって成り立っていますが、将来的にはサファリパークのように人々に開放するように検討中です。

 来年に、まず何頭かのサイが1万km離れた南オーストラリアへ運ばれます。
しかしながら、その計画は、いろいろな批判を受けています。例えば、アフリカの権力を弱めているのにすぎないとか、植民地時代からのアフリカの資産(野生動物など)を剥奪しているなどという批判を浴びせられています。

しかしその一方で、プロジェクトマネジャーのSarah Dennis氏は、『アフリカの保護環境が改善されれば、我々の計画としてはそのサイたちは母国に送還されるし、それまでの期間、オーストラリアはサイたちにとっての安定した場所を提供したい』と訴えています。さらに、この場所は、彼らの生息場所と似たような気候環境を満たし、獣医師の技術、そして安全性を兼ね備えているということです。

実際の所、南アフリカの保護団体たちは、現地の保護監視員、獣医師、警察官、政府そして住民との間での衝突と不正が存在する中で、それらの事柄がアフリカでの野生動物の安定した生息場所を作り上げるのを邪魔していると嘆いています。

イギリス在住翻訳ボランティア 折原美子
追補 JWCスタッフ
2018/02/07
香港は歴史的な投票での象牙貿易を廃止する
イギリス在住のボランティアさんより象牙に関するニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

”Hong Kong bans ivory trade in historic vote”

香港では、象牙貿易の廃止するための議案が圧倒的に可決されました。この動きを見て、ある動物保護団体のWander氏はこの多大な象牙マーケットを廃止することは、象達のライフラインをもたらすとことであるとたたえています。

本土の中国では同じような廃止がすでに去年から実施されているところです。
香港では、150年前以上から特に象牙の貿易が行われており、9割近い象牙は本土の中国から流入されています。 
去年7月には、香港政府は世界的な記録のおよそ7.2トンの象牙を押収しました。

その廃止の主な内容は、次第に貿易の縮小へそして完全廃止への流れの中で、3段階のステージを踏んでおり、
 最初に;1975年以降の象牙、象牙製品の売買の廃止
 次に; 1975年以前の象牙、象牙製品の売買も追加して廃止
 最後に;2021年までに全ての象牙、象牙製品の完全廃止

密輸に於ける刑罰もかなり厳しくなってきており、新しい法律のもとで、現行の2倍のHK10億ドル(1億4千万円)の罰金、
あるい現行2年から10年の懲役が課せられることになります。
そして、その廃止が適切に実施されるかどうかは、政府の関係機関次第であるということです。

2017/12/18
魚の乱獲と気候変動でウミドリが絶滅の危機へ
ウミドリの象徴としてイギリスで親しまれているミツユビカモメやカツオドリがIUCNのレッドリストに追加されたという発表がありました。主に魚の乱獲や気候変動による食料不足が原因になっているという研究結果が発表されました。

研究を行ったバードライフ・インターナショナルのイアン・バーフィールド博士は、これらの鳥への脅威は、より広範な環境問題にあると指摘しました。鳥はよく研究されているため、地球上の環境状態を知るための指標となっており、 絶滅の危機にさらされている種については、今すぐに対策を考える必要があると警報を鳴らします。

太平洋と北大西洋での魚の乱獲や気候変動によって ミツユビカモメが繁殖期に食べるイカナゴが減ってしまいました。

このことがヒナの生存率に大きく影響し、2000年以降、オークニー諸島とシェトランド諸島では87%、ヘブリディーン島のセント・キルダでは96%も減少してしまい、「悲惨なヒナの生存率」をもたらしていると言われています。

世界的にみて、この種は1970年代から約40%減少したと考えられ、IUCNレッドリストの「軽度懸念」カテゴリーからの「絶滅危惧II類」カテゴリーへと移行しました。

他にも減少している種がある中で、この研究はいくつかの肯定的な傾向も見出しました。 ダルメシアンペリカンは、人工の巣などの導入により、ヨーロッパでその数が増加し、 ニュージーランドでは、2種のキウイが保護や卵の育成コントロールプログラムにより、数を増やしました。

バーフィールド博士は次のように述べています。「ありがたいことにキウイとペリカンの保全が成功したことは、きちんとしたサポートにより、保全努力が実際に効果を上げることができる事を示しています。」


Photo by JWC:カツオドリ

438-s-1.jpg

2017/11/07
縮れ毛が特徴 新種のオランウータン 
インドネシアの北スマトラ州のタパヌリの密林に生息するオランウータンがDNA鑑定の結果、新種であることが分かりました。

オランウータンはスマトラ島北部に生息するスマトラオランウータンとマレーシア、ブルネイ、インドネシアが国境を接するカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ島)のボルネオオランウータンの2種とされていました。

この新種は20年前から生息が確認されていましたが、2013年に発見された死んだオランウータンのオスの成体の調査とともに、別の場所で捕獲された2頭分のDNA(遺伝子)を国際研究チームが比較検討した結果、11月2日に発表された研究成果により新種だと分かりました。

新種はタパヌリの密林に生息することから「タパヌリオランウータン」と命名され、その特徴は頭蓋骨が小さく、発達した犬歯があり、黄色がかった茶色いシナモン色の縮れ毛が特徴で、オスには長い口ひげ、メスにはあごひげがあります。

大型類人猿の新種発見としては1929年にアフリカでボノボが確認されて以来88年ぶりになるため、とても明るいニュースとなりましたが、生息数は800頭以下とみられるため、研究チームは最も絶滅に瀕している大型類人猿として保護を求めています。

Photo by Maxime Aliaga

437-s-1.jpg437-s-2.jpg437-s-3.jpg

2017/10/17
アグン山噴火に備え、動物を避難
 9月26日にインドネシア・バリ島東部にあるアグン山火口付近から水蒸気とみられる高さ200メートルの白煙が上がったため、アグン山一帯では、住民が噴火に備えて避難しました。

 その後、動物達が取り残されてしまっていたため、命知らずの動物愛護団体は集まり、危険地帯に立ち入っては動物を助け出す行為を行い、豚や鶏など家畜のほか、犬などのペット、さらに野生の猿も助け出されました。

 救出された動物たちは保護施設で餌を与えられ、世話されています。また飼い主たちに対しては、可能な限り動物たちに会いに来るよう呼び掛けられています。
2017/10/10
密猟者を排斥するためにアンティーク象牙の売買禁止
イギリス在住のボランティアさんより象牙に関するニュースが届きましたのでご紹介します。
*******************************************

 イギリスの今回の新しいマニフェスト(政権公約)で、密猟からアフリカ象を守るために、象牙の(全面)売買禁止で4つの例外が掲げらています。
 現行では、1947年以前の象牙(アンティーク象牙と言われるもの)の売買は合法であり、1947年以降の象牙(モダン象牙と言われるもの)の売買は禁止されている状況にあります。しかしながら、モダン象牙の不法な売買が存在するという事実、そして、売買される象牙の実際の年齢を判定することは難しいという状況にあります。これらの状況を鑑みて、象牙の年齢に関係なく象牙売買禁止に至った次第です。
 アメリカでは、去年、100歳に満たない象牙の売買が禁止されました。
 中国でも、今年の末までに、国内の象牙売買の禁止を掲げています。 

 マニフェストによると、象牙が全く無価値なものになってしまうのを避けるために4つの例外基準を認めました。
  1、楽器(例、ピアノ)の売買
  2、一部分として小さな象牙が含まれているもの売買(例、家具)
  3、歴史的、芸術的、そして文化的に価値のあるもの売買
  4、ミュージアム同士での売買

 密猟によるアフリカ象の頭数は、過去10年で3分の1まで減少し、年間2万頭の象が密猟により殺されている現状があり、環境保護担当大臣のGove氏によると、アフリカ象を密猟から守るには、革命的、強固な行動をとる必要があるとともに、象牙のあり方として、富の象徴や金銭的な利益のための有益な品物として決して見なすべきではないと主張しています。



RSS Feed Widget

のづた動物病院
ページのトップへ戻る

- Topics Board -